第12回 米子・まちなか一箱古本市、 一年半ぶりの開催!

秋晴れとはいかないまでも、時折日の差す風のない穏やかな文化の日(11月3日・火)、今井書店錦町店さまの軒先をお借りして、第12回目となる「 米子・まちなか一箱古本市」を開催することができました。第11回(昨年の秋の市)が「荒天中止」、今年の春の市は幹事の不手際で開催見送りとなってましたので、なんと1年半ぶりの開催です。

開店直後の様子。もうお客様がお見えになってますね。
12名の店主さんに参加いただいた結果、出品も概ね30箱に届くかという規模になりました。
f0181780_501342.jpg


盛り上がってます。
でも、まだまだ自分たちだけで集客する力はないのです。
本好きの集まる書店前で古本を売るという、半ばやけっぱちの企画を丸呑みしてくださった今井書店様の太っ腹にただただ感謝です。
f0181780_54072.jpg


値段の交渉中?それとも蘊蓄の語り合い?
いずれにしても、いい勝負のようです。
右は、第1回目から皆勤の「ダンガラス・ホケホケ堂」さん。
f0181780_551652.jpg


「きさらぎ」さんです。
こちらは人気のお店。ご存知の方もいらっしゃると思います。
ディスプレイもお上手で、ブックカバーなどの小物は全て店主さんの手作りです。
f0181780_563284.jpg


左は2回目の出店、「我楽多文庫 がらくたぶんこ」さん。
右の「かっぴー堂」さんは、手書きの看板を携えて初参加。
f0181780_592911.jpg


「エンゼル会」さん。初参加です。
よなご映像フェスティバル(11/22-23・本の学校)」のパンフレットを配ってらっしゃいましたよ。
f0181780_5103331.jpg


こちらは立ち読みをするお客さんの後ろ姿。
店名は「曽田文庫」。買い回り方式、100円均一の無人販売です。
売り上げは、松江の私設図書館「曽田文庫」の活動費となるということです。
f0181780_5122479.jpg


店主さん?お客さん?
自分の店を空にして、ほかの店をハシゴするのは当たり前。
本を読んだり、食事に行ったり、知り合いと話をしたり。
お客様の相手も大事ですが、こうしてだらだらと過ごすのが、古本市の醍醐味です。
f0181780_5134433.jpg



本を間に置くだけで話が弾むこの不思議。
実は「古本市の名を借りて本好きたちが集う場所」を創る、という高邁で文化的な隠された意図があるのです(笑)。
そして、毎回、新たな出会いがありますが、今回もありました!
「米子ビブリオバトル」代表の山田さんが、ご来店くださいました。

米子市立図書館で、奇数月にビブリオバトルを定期開催していらっしゃるのだそうです。
管理人の三つ目屋も、以前ビブリオバトルを開いたことがあり、話が弾みました。
次回は11月22日(日)に開催予定とのこと。
詳しくはこちらから >>> http://yonago-bibliobattle.jimdo.com/


今井書店さま、本当にお世話になりました。
出店者を代表して心からお礼申し上げます。
f0181780_5154626.jpg



次回は来春、5月上旬ころの開催を目標にしています。
店主の皆さん、また集まりましょう。




以上、三つ目屋店主、古本次郎より。

[PR]
by hitohako-yonago | 2015-11-06 05:18

11月3日(火・文化の日)
当日参加もOK!
9:45 今井書店錦町店 駐車場に集合!


第12回米子・まちなか一箱古本市の出店状況  
11月2日現在/12店主・30箱超!
まだまだ余裕がありますよ~。


■ダンガラス・ホケホケ堂

>2箱
楽しい古本屋ごっこを、愉しみます。
詰将棋の本(値打ち物あり)、多数、うります。

■quatron
>1箱
暮しの手帖などをほんの少しだけ放出します。

■游游堂
>3箱
本と人との出会いを楽しみにしています。

■きさらぎ
>2箱
手芸と美味しいものにまつわる本達を中心に…
読書のお供になりそうなハンドメイド雑貨もご覧ください♪

■湖鹿堂
>2箱
今回は、旅の本を中心に渾身のセレクトでお邪魔します!

■本うずみ
>1箱
「わからない,しかし,面白い」世界

■曽田文庫
>10箱
古本屋ではありません。松江市雑賀町の私設図書館です。
図書館運営のために市民から寄贈いただいた新しめの本をたっぷり持って行きます!
オール100円です!

■エンゼル会
>3箱
初めての参加です。
雑誌・文庫・単行本等、雑多な出品になりますが、よろしくお願いいたします。

■我楽多文庫 がらくたぶんこ
>1箱
主食は本、世の中ついでに生きてたい。そんな人を歓迎します。

■かっぴー堂
>(未定)

■嵐や
>2箱
「趣味は読書」といいたいところですが、本当は買う&所有するのが好きなのかも。
積読の女王が身を切る古本市(字余り)。

■三つ目屋
>1箱
世界/岩波書店の1誌に絞った雑誌専門店。立ち読みも大歓迎!



まだまだ出店者募集中!
出店のお申し込みは
1)氏名
2)携帯電話番号
3)出店箱数
4)屋号
5)アピール文(100文字以内)
を添えてこちらまで  yonago-hitohako@excite.co.jp


以上、古本次郎より。



[PR]
by hitohako-yonago | 2015-11-02 20:23